建設業許可の基礎知識 建設業許可|よくある質問

静岡県で建設業許可を取得したい方の為のチェックリスト

投稿日:

こんにちは!静岡建設業許可.comの行政書士の足立です。
本記事では静岡県建設業許可の手引きを参考に【これから建設業許可を取得したい方の為のチェックリスト】を紹介していきます。

是非最後までご覧ください。

①そもそも建設業許可が必要ですか?

大前提としてそもそも建設業許可を取得する必要があるのでしょうか?
弊所に相談に来るお客様の中にも『元請けから許可を取得しろと言われた』何て方も多くいらっしゃいます。
もちろん今後を考えていくと建設業許可を取得した方が有利なことはあると思います。
しかし許可を取得する必要がない場合も十分あり得ます。では確認していきましょう。

建設業許可が必要な場合は?

建設業法に基づき、1件の請負代金が500万円以上の建設工事を施工する場合は、所在地を所管する知事か、国土交通大臣の許可を受けなければなりません。ただし、建築一式工事の場合で、その契約額が1,500万円未満か、延床面積が150平米未満の木造構造で延面積の2分の1以上を住居に供する住宅を建てる場合は、許可を受けずに請負うことができます。 (建設業法第3条)

スタッフ
負金額は消費税の額を含んだものです。

また500万円以上(建築一式工事を除く)は材料費の額も含まれます。
例えば請負金額400万円+材料費100万円(注文者が発注)=500万円の工事をする場合は建設業許可が必要になります。

では建設業許可が不要な場合も解説しておきます。

建設業許可が不要な場合

  • 請負金額が500万円以下の工事をする場合
  • 工事1件の請負額が1,500万円未満の工事、または延べ面積が150平方メートル未満の木造住宅工事(建築一式工事)

建築一式工事についてはこちらの記事で紹介していますので参考に

②許可要件は満たしていますか?

さて建設業許可が必要か不要かご理解頂いた所で一番重要な許可要件についてご紹介しましょう。
大きく分けて6つあります。

    • 誠実性
    • 財産的基礎(500万円以上の資金証明)
    • 営業所に専任技術者を配置すること
    • 経営業務の管理責任者がいること
    • 適切な社会保険に加入していること
    • 営業所があること

ではひとつずつ解説していきましょう。

②-①建設業許可における誠実性とは?

悩む男
誠実性って何?真面目に仕事すれば言いの?

誠実性といってもピンとこないですよね?
静岡県の手引きを見ると以下のように記載があります。

誠実性とは?

建設業の営業に関し、不誠実な行為を行う恐れのないこと。
過去に許可を取り消され、又は禁固刑ないしは刑法等の罰金刑を受け、その後一定の期間を経過していない場合や、暴力団組織の構成員等に指定されている場合は許可できません。

ここでいう不誠実な行為とは【請負契約の締結・履行の際における詐欺・脅迫・横領等法律に違反する行為】を言います。
また以前許可を受けていたいものの取り消されその日から5年を経過していない者も該当します。

ポイント

  • 申請者が法人の場合:当該法人・非常勤役員を含む役員等・令第3条の使用人。
  • 申請者が個人の場合:本人・支配人・令第3条の使用人。

上記の者が誠実性に違反している場合は許可を受けることが出来ません。

②-②財産的基礎とは?

建設業許可を取得する場合は一定の財産がないといけません。
これは一般建設業許可と特定建設業許可の場合で異なります。

一般建設業許可の場合

  • 直前の決算において、自己資本の額が500万円以上であること
  • 500万円以上の資金を調達する能力があること
  • 許可申請の直前5年間許可を受けて、継続して建設業を営業した実績があること
スタッフ
ちなみに500万円以上の資金があることの証明は銀行の融資証明書や残高証明書等で証明をしていきます。

特定建設業許可の場合

  • 欠損の額が資本金の額の20%を超えていないこと
  • 流動比率が75%以上であること
  • 資本金の額が2,000万円以上であり、かつ、自己資本の額が4,000万円以上であること

②-③営業所に専任技術者を配置すること

建設業許可における専任技術者とは、許可を受けようとする建設工事についての専門的知識や経験を持つ者で、営業所においてその工事に専属的に従事する者を指します
この専任の技術者は各営業所ごとに置く必要があります。

専任と認められない者

  • 技術者の住所が勤務を要する営業所の所在地から著しく遠距離にあり、常識上通勤不可能な者
  • 他の営業所において専任を要する職務を行っている者
  • 建築士事務所を管理する建築士、専任の宅地建物取引士等他の法令により特定の事務所等において専任を要することとされている者(建設業において専任を要する営業所が他の法令により専任を要する事務所等と兼ねている場合を除く)
  • 他に個人営業を行っている者、他の法人の常勤役員である者等他の営業等について専任に近い状態にあると認められる者

また一定の資格や実務経験がないと専技術者になることができません。

一定の資格例:とび土工の場合→2級施工管理技士等
実務経験:高等学校又は大学の一定の学科を卒業して3~5年の実務経験

上記に該当しない場合は許可を取りたい業種の10年間の実務経験が必要。

また国家資格の場合は不要ですが、実務経験で証明する場合は請求書や契約書、請負書等の証明書類を提出する必要があります。
事業者さんによっては請求書を保管してない方も多いのでこの記事を見ている方は、証明書類を保管しておきましょう。

実務経験を証明する書類に関してはこちらの記事がおススメです→実務経験を証明する書類が無い!そんな場合の対処法はありますか?

②-④経営業務の管理責任者がいること

専任技術者と並んで重要なのが経営業務の管理責任者(以下ケイカンとする)です。
ケイカンは2020年10月から若干要件が緩和され窓口が広くなりましたがそれでも難しい要件です。

まずケイカンに該当する方は適切な経営能力を有する必要があります。

ケイカンの要件

  • 建設業で、5年以上の経管としての経験がある。
  • 建設業で、5年以上の経管に準ずる地位にある者(経営業務を執行する権限の委任を受けた者に限る。)として経営業務を管理した経験がある。
  • 建設業で、6年以上の経管に準ずる地位にある者として経管を補助する業務に従事した経験がある。

その他の細かな要件はこちらの記事をご覧ください→建設業許可|2020年10月から経営業務管理責任者の要件が変更

スタッフ
上記を証明する書類として法人なら会社の履歴事項証明、個人なら所得証明書又は確定申告書の写しを提出します。

②-⑤適切な社会保険に加入していること

2020年10月から社会保険の加入が建設業許可の要件となりますでも解説しておりますが、社会保険の加入が建設業許可の要件となりました。
しかしこれは全ての事業主がという訳ではありません。あくまで社会保険の適用事業所に限定した義務です。

例えば法人であれば社会保険の適用事業所になりますが、1人親方の場合は社会保険に加入する必要はありません。

②-⑥営業所があること

最後は当然ですが建設業の営業をする場所があることです。
建設業許可で求められる営業所には以下の要件があります。

  • 事務所など建設業の営業を行うべき場所を常時使用する権限を有していること
  • 建物の外観、または入口等において、申請者の商号、または名称が確認できること
  • 固定電話、事務機器、机等什器備品を備えていること
  • 許可を受けた建設業者にあっては、営業所ごとに法第 40 条に基づく標識(建設業の許可票)を掲げていること
  • 支店等の代表者が常勤しており、かつ契約締結等に関する権限を申請者から委任されていること
  • 専任技術者が営業所に常勤して専らその職務に従事していること

③申請に必要な書類はありますか?

下記が建設業許可申請に必要な書類です。
様式があるものと市区町村で発行するものがあるので注意して下さい。

書類の名称 個人 法人
建設業許可申請書
役員等の一覧表
営業所一覧表
専任技術者一覧表
工事経歴書
直近3年間の各事業年度における工事施工金額
誓約書
賃借対照表
損益計算書  〇
株主資本変動計算書
定款
営業の沿革
所属建設業団体
健康保険の加入状況が分かる書類
主要取引機関名
経営業務の管理責任者証明書
経営業務の管理責任者の略歴書
卒業証明書
実務経験証明書
資格証明書
株主調書
登記事項証明
県税の納税証明書
登記されてない事の証明書
身分証明書
経営業務の管理責任者の確認書類
専任技術者の確認書類
財産的基礎の確認書類
営業所の写真
健康保険の確認書類
印鑑証明書の写し
法人番号の確認書類

■は専任技術者の確認書類で該当する者のみが必要になります。

建設業許可を取得するメリット

500万円を超える工事が出来る

冒頭でも紹介しましたが建設業許可を取得すれば500万円以上の工事を請負うことが可能になります。
許可を取得していない事業主さんの中には『請求書を分けて500万円超えないようにしてる』という方もいますが、請求書を分けてもひとつの請負工事とみなされるケースもあります。
実際に県から処分があり、罰金や懲役刑を受ける事例も増えているので注意が必要です。

社会的信用がUP

ここ最近では元請けやメーカから『建設業許可を取得しないと仕事をやらない』と言われるケースが増えています。
建設業許可を取得しているということは財産的基礎や技術者の存在などをクリアした上で業務をしているということなので社会的信用がUPします。

銀行から融資が受けやすい

建設業許可を取得していると銀行から融資を受けやすいメリットがあります。
銀行の立場からすると建設業許可を取得している=社会的信用があるに繋がるので、許可を取った方がメリットがあるのではないでしょうか?

 

静岡県内の建設業許可取得をサポートします!

『自分は許可取得の要件を満たしているのかな?』
『要件はクリアしているけど書類の作り方が分からない…』

などなどここまでご覧いただき自分で許可を取得できるか迷っている方は多いのではないでしょうか?
建設業許可は『自分でも出来そうだ』と初めてみても実際に書類集めてみると断念してしまう事が非常に多い難しい申請です。

そこで許認可のプロである行政書士にお任せ頂ければ、本来の業務に集中して申請の労力を省くことが可能です。

弊所のサポート内容

  • 許可取得に必要な要件のチェック
  • 申請書類・必要書類の収集(一部お客様自身で集めて貰う書類もあります)
  • 静岡県庁への申請の代行と受取
  • 許可取得後の決算変更届や更新手続きのサポート

 

お問い合わせはお電話又はメールから

弊所はお電話での相談は平日9時~20時まで。
メールでの相談は年中無休の24時間対応です。

 

メールでの相談の際は以下の情報を記載して下さい。
ご相談は半日~1日以内に返信をするようにしていますが稀にメールが届かない場合もあります。
その際はお手数ですがお電話にてご連絡下さい。

  • 会社又は個人のお名前
  • 許可を取得したい業種
  • 会社の所在地
  • その他メールで確認したいこと等

    -建設業許可の基礎知識, 建設業許可|よくある質問

    Copyright© 静岡建設業許可.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.