建設業許可の基礎知識

建設業許可|営業所の要件とは?

投稿日:

静岡建設業許可.comの足立です。

建設業許可を取得する為には【営業所】を設置する必要があります。
しかしこの【営業所】はどのような物を求められているのでしょうか?
静岡県建設業許可の手引きには【営業所】について以下の様に解説しています。

営業所とは?

営業所とは、本店又は支店は常時建設工事の請負契約を締結する事務所でない場合であっても、他の営業所に対し請負契
約に関する指導監督を行う等建設業に係る営業に実質的に関与するものである場合には、当然営業所に該当
する。しかし、建設業を他の営業と兼業する場合における支店、営業所等であって建設業にはまったく無関
係なもの及び単に登記上の本店等に過ぎないものは、ここでいう「営業所」とは解されず、また海外に設置
された支店、営業所等も同様である。
また「常時請負契約を締結する事務所」とは、請負契約の見積り、入札、狭義の契約締結等請負契約の締
結に係る実体的な行為を行う事務所をいい、契約書の名義人が当該事務所を代表する者であるか否かを問わ
ない。

悩む男
うん、よく分からない…

正直これだけ見てもよく分からないですよね…
まぁざっくりと説明すると建設業法の営業所は【本店、支店、又は常時建設工事の請負契約を締結する事務所】を指し、必ずしも登記簿上の本店である必要はないということです。

悩む男
登記簿上の本店とは?

例えば静岡県浜松市中区に登記簿上の本店がある法人があるとしましょう。

しかしこの事務所は別で常時建設工事の請負契約を締結する事務所を静岡市に構えていたとします。

この場合は静岡市の事務所が建設業許可申請では【営業所】扱いになる訳です。
つまり登記簿で営業所として判断する訳ではなくあくまで契約を締結する場所を営業所とするということですね。

では次は営業所の物理的な要件を見ていきましょう!

 

 

営業所の要件をざっくりと!

細かく解説する前にまずざっくりと見ていきましょう!

営業の要件

  1. 独立した事務所であること
  2. 固定電話が設置されていること
  3. 商談セットがあること
  4. 事務所の使用権原が明確であること
  5. 入口、郵便受けに商号・営業所名が表示されていること。
  6. 経営業務の管理責任者及び専任技術者が常勤していること

ざっと説明すると建設業許可基準で求められる事務所である為には上記の要件を具備している必要があります。
ではひとつづつ確認をしていきます。

①独立した事務所であること

お客様の中には自宅兼事務所の方がいらっしゃいます。
この場合であっても事務室部分と住居部分が明確に区分されている必要があります。

明確に区分とは例えばパーテーション等で間仕切りが必要となります。

もちろん賃貸で事務所を借りていれば問題がないのは言うまでもありません。

②固定電話が設置されていること

固定電話の設置が必要です。
というのも申請書には電話番号を記載する欄があるのですが、どういう訳か固定電話でないといけない決まりになっています。
(正直携帯でも良くない?と思っていますが…)

③商談セットがあること

商談スペースが必要です。
商談スペースといっても大企業のようなキレイな商談室である必要はありません。
あくまでお客様用の椅子とデスクがあれば十分かと思います。

④事務所の使用権原があること

これは自宅兼事務所にしている方に多いですが、賃貸契約書の使用目的が【居住】になっている場合は営業所として利用することは出来ないので
使用権原があるとはみなされません。

このような場合は別途大家に営業所として利用することの使用承諾書を頂く必要があります。

⑤入口、郵便受けに称号、営業所名が表示されていること

看板、標識などで外部から建設業の営業所であることが分かるようになっていなければなりません。

⑥ケイカンと専任技術者が常勤していること

営業所には経営業務の管理責任者(ケイカン)と専任技術者が常勤している必要があります。
この常勤性は保険証等で確認する必要があります。

また遠方に住んでいる場合は通勤をしていることを証明する資料が必要になるケースもあります。

 

最後までご覧頂きありがとうございます。

弊所では静岡県を中心に建設業許可の代行申請をしております。
相談は無料ですのでお気軽にご連絡下さい。

 

 

-建設業許可の基礎知識

Copyright© 静岡建設業許可.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.